CONCEPT


住宅設計についての基本スタンス

 

1.建築は、敷地とその周辺環境の読み取りから設計は始まる

建築はどんな建物でも必ずある特定の「場所」に建てられます。敷地にはある種固有の「磁場」のようなものがあり、二つとして同じ敷地は存在しません。従がってそこに建築をイメージする時、プランニングから入るのではなく、先ず敷地の特性の「読み取り」から始めるべきであり、この世に唯ひとつしかない敷地に最もふさわしい、「建築というかたちになる以前の建築」を最初にイメージすることが重要です。それには幾度も敷地に足を運んで周辺の状況を良く観察し、光や風がどのような通り方をし、人や車がどのような流れになっているかを理解することが最初の基本的な方向性を定めるうえで肝要な作業となります。また建築は長い歴史から捉えれば、唐突にその敷地に出現するわけでその後の周囲に与える直接的・間接的影響までもイメージしておく必要があります。実はこの「個から全体」を、「全体から個」を見立てる手法はかつての日本の工匠にとってはごく当たり前の事でした。
2.住宅は「買う」ものではなく「造る」もの

18世紀にイギリスで勃興した産業革命は建築界においても激甚なる変革をもたらしコンクリートや鉄という新しい建築素材の出現と共に全く新しい建築のスタイルが20世紀初頭の建築家達によって欧米で生み出されました。同時に大量消費社会の出現は建築の工業化という側面も生み出し日本でも高度成長期の追い風に乗って量産型の工業化住宅が出現し、その後の商業的な大成功から日本の「文化?」にまで定着しました。TVを中心とするメディアの影響は計り知れないほど大きく家を建てるなら先ず住宅展示場へ行く、という習慣が我々にはすっかり身に付いてしまいました。しかしハウスメーカーの席捲はこれまで日本の木造建築を支えてきた棟梁や各種職工達の活動領域を片隅に追い込み、同時に伝統として脈々と受け継がれてきた世界に類例の無い日本独自の精緻に体系化された木工技術の衰退に拍車を掛けました。しかし本来我々が持っていた美意識では、建築は商品のように「買う」ものではなく洗練された技術で以って「造る」ものではなかったでしょうか?
3.ハウスメーカーとの「家造り??」

住宅展示場へ行くとその光景に先ず驚かされます。各社がその意匠や特徴を競った結果、様々なスタイルの建築群が所狭しと建ち並びその全体像はシュールですらあります。日本の伝統が「売り」になると気付いた一部のメーカーの商品は別として概ね【無国籍】なデザインで飾られた、キッチュな意匠ばかりが目に付きます。また地球環境・高齢者対応など時代に敏感な売り文句を並べ立てまさに消費者の購買意欲を掻き立てる仕掛けが随所に散りばめられています。一般的には最も相性の良い会社を選び敷地の情報や予算、家族構成等を伝えれば何と営業マン(その家の設計監理をする建築士ではありません)が会社独自のソフトで間取り図を作成し同時に見積書までアッという間にこしらえてきます。様々なアドバイザーも控えていてスムーズに商談は進捗し予算と間取りさえ合えば何千万円という消費が一気呵成に進みます。1〜1.5億円という仮想現実のモデルハウスを我が家に見立てながら?・・・です。
4.お互いの思い込みから生じる悲劇

一方、建築家が主導する家造りに全く問題が無いという訳ではありません。一般的に建築家はクライアントと初対面という場合が殆どです。クライアントの家に対する考え、将来計画、空間の嗜好、生活パターン、家族個別の家に対する考え等、一通りのヒアリングは勿論行うものの果たして100%理解してから設計していると断言できるでしょうか?時間的な制約、お互いの善意の思い込み等、「暗黙の誤解」のもとで設計や施工だけが粛々と進み建ててから初めてあれっ、という悲劇だけは最低限、絶対に避けなければなりません。過去の事例写真や竣工物件をいくら見学したところで上述したように全く同じ敷地・与条件など有るはずも無く、予算や家族構成もまるで違う訳ですから確認できていない「微細な部分」が存在することは厳然たる事実です。イメージという実に心許ない内容の確認だけで大切な決断を迫られる訳で、極論すれば下手をすると良く判らないまま物事だけが進むというリスクすらあります。
5.手に入れてからしか下せない評価

このように建築家の家造りが建売住宅と決定的に違うのは、新車購入のように「現物」をしっかり確認してから契約するのではなく、「現物」が実は無いにも拘らず契約するという点です。設計図を作成してから競争入札で各社見積書を取り、決定した請負業者の本見積書で工事請負契約を結ぶのですが、その時にもあくまで分厚い設計図書があるだけで「現物」が有る訳ではないのです。設計してから工事をするという「家造り」の方法のもどかしさは詰まるところ、そこにあると思います。即ち何千万円という大金を投じる大きな「消費行動」であるにも拘わらず、クライアントは結局手に入れてからでしか最終的な評価が下せないという点です。一定の工事方法しか無かった昔と違って、百花繚乱の家の建て方が存在する現在、ネット情報の氾濫した昨今では余りに選択肢が多く情報も錯綜していることから、決定者であるクライアント自身が混乱してしまうという状況にあるのも少なからず正鵠を得た現実です。
6.建築家の造る住宅はクライアントのオーダーによって初めて成立する

家族の「在り方」は千差万別・多種多様です。まず各家族にそれぞれの個性があり、さらに家族間の関係にも様々な「在り方」があります。家はまさにその「個の集合体」=家族を優しく包み入れる「容れ物」です。マンションや建売住宅と違って、全く白紙の状態から設計する事のできる、建築家の造る住宅はまさにクライアントの「オーダー」によって初めて成立するべきものです。設計するうえでの住宅のベースとなるルールは概ね同じでも、「家の在り方」や空間の微妙な「テイスト」は本来、そこに長年暮らすであろうクライアントのイメージが忠実に投影されるべきです。(但し全てを建築家に一任するクライアントとの幸福な関係が構築されている場合は除きますが・・。)少しでもサイズや好みの微妙に違う衣服がガマンできないように、違和感の感じる空間で日々生活を強いられることは大変な精神的苦痛になる、と云ったら果たして大袈裟でしょうか?
7.住宅を設計する者の責務の重大さ〜自戒をこめて

住宅を設計する者の責務は以上の事柄に限定して考えてみても実に重大です。他にも「安全な構造」、「安全な室内環境」、「周辺環境への配慮」、更には我々の子々孫々の為「地球環境への取り組み」など設計者が頭を悩ませないといけない項目が増加の一途を辿っています。従がって我々はもっと謙虚と厳粛な姿勢でクライアント・敷地・資本・環境に真摯に対峙しなければなりません。これは何件経験してきたかとか、何年実績を積んできたか、とかは殆ど関係がありません。いや逆に経験を積めばつむほど、この職務の重大さ、社会的責任の重さを益々実感せざるを得ないというのが正直なところです。(〜「安全な構造」に対する弊事務所の方針については建築基準法(施工令第46条)で求められる数値の1.5倍を標準としたり、その配置(告示1352号)についても建物の重心位置に耐力壁の剛心位置を限りなく近づけたりと、また様々な独自の施工指針を定めたり等しています〜)
8.クライアントとの意思疎通を重視する姿勢

従がってクライアントとのコミュニケーションを第一と考え、時間の許される限り設計の段階だけでなく工事監理の間も同じように丁寧に意思の疎通を図ってゆきたく思っています。また我々の提案するプレゼンテーションについても色々な表現手段を通して設計内容をご理解頂けるよう務めています。計画段階でのスタディ模型やイメージスケッチ等のご提示は勿論、様々な仕上材料については設計中にはサンプルをご提示し、また工事中には更に大きなサンプルを施工業者の協力を仰いでご提示したりしています。またイメージしにくい複雑な仕上については他の進行物件の現場をご案内させて頂いたり場合によっては原寸大の部分模型を施工業者の協力を仰いで製作してもらう事もあります。設計段階では原則2週間に一度の打合せ、工事監理の段階では上棟後に週1回の定例会議を開催します。またキッチン等の水廻り設備の選定には各ショールームに必ず同行させて頂いています。
9.建築家としての職能が問われる部分

建築家のなかには自己のブランドイメージを構築してそれを押し付けるタイプの方がいますが、私はどちらかと言えばクライアントの発想やイメージの断片からデザインを組み上げ全体を構築する、というスタンスで臨んできました。このホームページの「WORKS」を見て頂いてもご理解いただけるかと思いますが、それぞれの実例は実に多様で、総体として見ればバラバラな印象を持たれるかも知れません。それは個々の建築で、個々のクライアントの空間イメージを汲み上げてきた結果だからです。従がってどんな些細なことからでも結構ですので住宅への思いを大いに語って頂きたいのです。小さなメモ書きでもOKですし、好きな建築写真の切り抜きのご提示でも良いのです。そこから空間イメージの「種子」となるべきものを拾い出し、土に植えて水を撒き、大きく元気な樹木=「建築」に育て上げること、それこそが私の仕事であり、建築家の職能が問われる部分だと考えています。
10.かつて「普請道楽」という言葉がありました

かつて日本には「普請道楽」という言葉がありました。男子にとって普請は最高の趣味(道楽)だという意味です。数々の歴史上の権力者や富豪は普請を趣味とし、また工人以上に造詣の深い知識人も存在しました。城の造営に長けた戦国武将や金閣寺、桂離宮等を建設した支配階級の貴族達はその代表例です。また一方、「三度普請を経験しないと良い家は建てられない」という趣旨の言葉もあります。一度や二度では本当の家造りは出来ない、それほど奥の深いものである、という意味だと思います。でも家造りは現代人にとっては一生に一度、経験できるか否かの一大事業です。また何しろ家造りというだけでテンションが高まっているうえ初めての事にばかり次から次と遭遇しますので色々神経を使うことも多い筈です。そこで一度限りの家造りで安心してその醍醐味を味わって頂くため長年の経験と技術を以って全面的にサポートさせて頂く、それが私の務めだと考えております。




WORKS



TOPPAGE