畑屋敷の家


2010年竣工
和歌山県和歌山市

将来は1階部分だけでも住める、延床面積54坪の、オール電化仕様の2階建て木造住宅です。
始まりは遡るところ1995年、阪神淡路大震災のあと住宅建築はハウスメーカーでないと駄目、
との誤った宣伝工作が、テレビ地上波で大々的に流され、それは取りも直さず、民放テレビの大
スポンサーである故だが、現実にかつて美しい景観を誇っていた、芦屋・西宮等の高級住宅地が
正に巨大な『住宅展示場』と化しつつあることに危機感を覚え、設計事務所の建てる住宅は安全
である事を切々と説いたリーフレットを、作品集と共に封筒に入れ、神戸、大阪、奈良、和歌山の
各住宅地を徒歩で巡って自らポスティングしました。延べで三千部ほど撒いて反響は有ったもの
の具体的な契約には至らず、そのうち忙しくなってきて、そのまま中断して十数年後。1通のメー
ルが届き「御社は以前、投函して頂いた事務所でしょうか」とのこと。「隣地の敷地が漸く、購入で
きて建築が出来るようになったので設計をお願いしたい」と、ご連絡いただきました。その後、事
務所にご夫妻がお出で頂き、クシャクシャになった当時の封筒と案内を拝見して思わず、当時の
しんどかった事を思い出して涙が出たものでした。そういう経緯で生まれた奇跡的な建築です。


撮影/タナカリョウコ




WORKS



TOPPAGE