西大寺の家



2012年竣工
奈良県奈良市

敷地は、かつての西大寺の境内エリアに在り、周辺環境は歴史的な風情の色濃く残る地域で
したので、いぶし銀の瓦屋根に白壁、というイメージの景観が拡がっていました。敷地面積は
広大で、江戸時代からある、という築年数の古いお屋敷が残って居ましたが、長年住んでおら
ず老朽化が激しいので、残すことなく全面撤去、建て替えるにしてもかつての痕跡を残そうと、
なだらかな大屋根と、やはりいぶし銀の瓦葺き、としましたが幾分モダンな平瓦調としました。
外壁は重厚さを出すために、骨材の入った左官仕上げとし、道路との境目の塀も頂部に瓦を
載せる、建物デザインと合わせた、デザインとしました。内部は一転、洋風な造りとして構成、
チーク材の無垢フローリングと玄関にはトラバーチン、や自然石、ナラ無垢材を、多用した優
しい色目のインテリアを構成しました。一部、壁のニッチ灯に、マンダリン調のオーナメントを
入れたのはお施主様のご希望、当時東京・代官山にあったショップから注文して設置しました



IRAKA西大寺

撮影/森本大助(フォト・オフィス・ジュエ)





WORKS


TOPPAGE