南大阪の家

2012年
大阪府


建て替え前の敷地には、祖父祖母が住んでおられたとの事。その子供の頃の懐かしい想い出
を、解体する前の半ば廃屋状態となっていた家屋の中で、切々と語って頂きました。建築にもし
力があるとすれば、こうした家族との美しい記憶の背景に映像として僅かでも映り込んでくれれ
ばという思いで設計しました。漆喰で塗り上げた壁と天井、無垢の木材で、細密な格子に造り上
げた手摺、高い天井の子供室には遊び場となるであろう広大なロフト、、星の眺められる書斎の
のバルコニー、旧家屋に有ったガラス窓を再利用した建具、ラインのように光る間接照明、大き
きな窓から覗く紺碧の空、そんな記憶がきっとお子様の脳裏に焼き付くであろうことを期待して。


撮影/冨田英次 写真事務所(大阪府堺市)



WOKS



TOPPAGE