岡場の家


2006年竣工
兵庫県神戸市北区

3社の設計事務所による設計コンペの結果、ご縁合って設計監理契約させて頂きました。
敷地面積106坪、延床面積65坪、という規模は当時としては数件しか経験が有りません
でしたが、此の仕事での経験は後の大型住宅の設計への自信に確実に繋がりました。ま
た性能的にはQ値・C値を算出・測定する、2度目の高気密・高断熱仕様の設計、そして
お施主様のご推薦で初めて『スラブ蓄熱輻射暖房システム』を導入しました。山形県のベ
ンチャー企業が推進していた暖房システムで余りの快適さに、以降のお施主様に推奨す
ることとなりました。深夜電力の時間帯に基礎スラブの上に別途造営した蓄熱スラブに翌
日分の必要熱量を溜める原理で、玄関から暖かいのと押入も含めた前室が同一温度で
あることと、機械音や送風の不快感が一切無い点、ランニングコストが安い、という点で、
極めて優れた暖房システムです。LDKに大きな吹き抜けを設置したのも1階と2階の温
度差を平準化する為で結果、期せずして明るいリビングダイニングの空間が生まれました


WORKS


TOPPAGE