REVIEW



最近のクライアント様のレビューの一部をご紹介します


REVIEW-07
当初、時間と費用を出来るだけ抑えるべく知り合いの工務店に頼み
工事を進めて行く予定でした。しかし意思の疎通が上手くいかず悩
んでおりました所、偶々ネットで素敵なリビングの写真を見つけ『
こう言う感じになればなぁ』思っておりましたら、なんとそれが北
野先生の作品(摂津の家)だったとは。。。偶然でした。早速お電
話をさせて頂き速攻事務所にお邪魔したのが2019年の年の瀬。
すぐさま設計に取り掛かって頂き、年明け早々にはプレゼンをして
頂きました。あいも変わらず速攻、でした。
このリノベーションは北野先生にとっても難しい内容だったのでは
無いでしょうか。築年数も相当経っており、雨水によるダメージを
受けた屋根、傾いたバルコニー、一部不陸がある床面、居宅内部に
有る中庭を構成している柱の腐朽等問題点ばかりでした。
それこそ毎日の様に改修箇所や変更箇所が増えていく様な現場だっ
たと思います。しかしながら先生の長年のご経験と豊富な知識で現
場で四苦八苦する職人さん達に適切な指示を出されると同時に私共
にも迅速且つ丁寧に説明して頂きました。特に工事終盤、中庭を構
成している所に6畳の和室が新たに追加されると言う普通では考え
られない(費用増と竣工時期の遅れが半端無い)工事が発生しまし
た。そんな時にも瞬時にアイデアを出して頂きすぐさま実施図面を
書き上げ工務店に出されていました。
もちろん納期の短縮と共に費用を抑えるべく尽力されたのは言うま
でもありません。そしてこの和室は北野先生の意匠がふんだんに表
現されている素晴らしい雰囲気と設えで出来上がっていて正にこの
家のリノベーションを凝縮したかの様な完成度になりました。
リビング迄伸びるルーバー天井、陰影のアートとも言える建具や引
き戸、和の真骨頂の様な漆和紙の壁面、どれを取っても北野先生の
素晴らしい意匠が施されています。
実は北野先生に設計をお願いするのは今回で三度目。ことわざに『
三度目の正直』と言うのがあります。物事三度目には期待通り、思
った通りになる、と言う意味だとか。しかし私の場合は『三度目も
正直』になったと思っております。本当に満足のいくリノベーショ
ンになり感謝に堪えません。住みだしてから少し時間は経ちますが
毎日、家に帰るのが『最高の楽しみ』になっています。
北野先生、本当にありがとうございました。
先生、四度目?もお願いしますね!


VILLA-BLANCHE/ 2021年竣工/リノベーション

REVIEW-06
3年前に離れの改築をお願いして、その内容に大変満足したことも
あって再び北野先生に、両親から引き継いだ築100年近い実家の
改築をお願いすることにしました。
制約の多い古民家の改築ですが改築された離れと一体化でき、古い
家屋の良さを生かしたものにすること、次の世代まで安心して生活
できるように耐久性を高くすること、古い間取りで昼間でも薄暗か
った家の中を明るく風通しよくすること、両親が大切にしていた仏
間を残し周りの部屋の作りをそれと調和したものにすること、など
だいぶ無理をお願いしました。私が単身赴任で離れていたために、
直接の打ち合わせは難しかったのですが、素人考えで描いたスケッ
チをもとにして建築の心得のある家内が間に入って、細かいところ
まで何度も打ち合わせて丁寧に対応していただきました。その甲斐
があって、私たちの希望をうまく取り込んで、北野先生独特の優し
い陰影を生かした味付けがふんだんに盛り込まれた、期待以上の建
物になりました。
少し紹介すると、出来上がった建物の2階は離れと同様に梁あらわ
しと呼ばれる平天井がない構造にしていただきました。開放感が素
晴らしく、長い間隠れて家を支えていた梁の力強い組み合わせを直
接見ることができます。さらに照明をつけると背景の柿渋の和紙と
の間に独特の陰影が現れて古い木造建築の新しい魅力を楽しむこと
ができます。1、2階の窓の内側には、あるクラシックホテルの図
書室で見つけ憧れていた作り付けのデスクを配置していただきまし
た。このデスクは、周りの梁や柱と調和した落ち着いた空間になり
ました。ここからは造園家の方に木々や岩の配置にこだわってデザ
インしていただいた庭が見渡せ、コーヒーを飲みながら眺めている
と時間の経つのを忘れてしまいます。1階は元の家が何度かの改築
で継ぎ足されたため床と天井に段差があり複雑だったのですが、と
ても上手に処理していただいて、違和感なく一体化して、とてもひ
ろびろとした明るい空間になりました。北野先生の自信作である天
井の照明も天井の低さを感じさせずぴったりと収まっています。
また古い建具と新しい建具が違和感なく溶け合っていて仏間と周り
の空間との一体感を上手に出してあります。ほんの少し生活しただ
けですが、このように書ききれないくらいの魅力を持つ家にしてい
ただきました。北野先生にお願いしてよかったと思うことは、あり
きたりの改築でなく魅力的でワクワク感をもつ建築を具現化してい
ただけたことです。
建築に対する先生の感性の良さも当然ですが棟梁をはじめとする現
場の方々とのコミュニケーションもとても良く、先生を中心にして
一つのチームとして仕事を楽しんでおられることが建物の魅力を引
き出す原動力になっているのかと思います。このように、いろいろ
な人たちの気持ちの詰まった建物で退職後の新しい生活を送れるの
はとても幸せなことだと感じて、永く大切に住んでいきたいと思っ
ています。

姫路・天満の家/2020年竣工/リノベーション 

REVIEW-05
私共は北野先生にお願いして家を建てて頂き、大変満足しており
ます。
最初は先生のHPを拝見してモダン、シンプルさに惹かれま
したが、
実際住んでみると本当に住みやすい温かみのある家だと
感じています。

家族の者がクラッシック音楽の仕事をしている関係で、24時間防
音の練習室が必要でした。

某防音施工業者に防音工事を依頼していましたが、先生は何度も
連絡をとって下さり、
素晴らしい練習室ができました。
響きはもちろん明るくて癒やされる練習室で、とても感謝してい
ます。

北野先生はとても知的な方ですが、気さくな方で何でも相談しや
すいです。


上鳥羽の家/2017年竣工/新築

REVIEW-04

私たちにはいろいろとこだわりがありました。
”家が建てばいい”だけではなかったのでハウスメーカーや他の設
計士さん等、北野先生に設計をお願いするまでには紆余曲折あり
ました。先生とお話しする中で、何を尋ねても納得いくまで説明
してくださる、その姿勢。漠然とした(家を建てたい)との思い
が、現実的に(私たちの家が建つ!)という実感がわきました。
先生に設計していただくにあたって目一杯要望をぶつけました。
先生はひとつひとつ丁寧に耳を傾けて答えてくださいました。

私たちは建築中、敷地内の離れで生活していました。その日々の
中で、建ち上がっていく家を眺めながら、監督さんや大工さん、
他専門職の方々との会話も楽しみでした。

先生に尊敬の念を持ち、自分の仕事に誇りを持っている職人さん
がとてもたのもしく思えました。

やはり、期待以上のすばらしい家が完成しました。
知り合いの方も(オーッ)と感嘆するばかりです。
暮らしてみて
思いもよらないところに配慮がなされていることにも感銘を受け
ています。
まさに私たちが生活する家です。
北野先生に巡り合えたことで、このような充実した生活が送れる
ようになりました。

本当にありがとうございました。

CASA-MINATOH/2019年竣工/新築

REVIEW-03

最初に北野さんの設計に興味を持ったのは、災害に強い家を作る
過程からでした。

早速Houzz経由で連絡をとってお会いすると阪神大震災で被災し
た建物が倒れてなかった経験を聞きました。
大学の授業からの話。建築基準法と耐力壁の話。
その中でご自身
のお考えとして建築基準法の頼りなさを力説してもらいました。
そして、お願いすることに。

虚飾やなんとなくの中身だけではなく、生命を守るものとしての
家をつきつめておきたいと考えたことが理由でした。

お忙しい中、ラフ計画案を有償無償合わせたくさん描いていただ
くという恐縮なお願いを続けることをしご提案をたくさんいただ
く中で、家の動線の使いやすさやコンセプトにいつも光るもの
を感じております。

素人の自分では当初その良さもなかなか理解できません。しかし
同じ土地で別の方に描いてもらい比較してみると、単純に「こち
らに住みたいなと」感じる家を提供してくれる事が明白でした。

色々とこちらからも追加提案をしたこともありますが、結局北野
さんが考え抜かれた当初案に戻ることもしばしばです。

住宅を探している様な方の悩みが多い。土地が持っている限界、
家族の想いと現実のバランス取りなど、家を決めていく際はまま
ならないと感じることが多いからです。だからこそ、現実を直視
しながらも夢を見させてくれるような建築士の方と戸建の設計を
することが大切なのではないかと、そう考えます。

住み始めて1年弱経過し、設計をご依頼してお願いしてよかった
と感じてます。
お問い合わせを迷われている方はミーハーながら「掲載されてい
る写真に惹かれた」程度でもご相談をしてみる価値があるんでは
ないかと思います。

北野さんが今まで作られた写真のどれかで、「いいな」と感じる
ものがあれば波長が合う可能性がありです。
そういう方はぜひ遠慮せずに問い合わせをしてみると良いのでは
ないでしょうか。
家のような大きな金額がかかるものに後悔を残して進めるとあと
で取り返しのつかないこととなりますから。

ちなみに北野さんに素材メーカーとの交渉をしてもらって格安で
仕入れていただいた材料もたくさんあります。機能面やデザイン
面だけでなく、そういった交渉もしてくれます。

その節は、わがままや無茶なご依頼ばかりしていたと思いますが
本当にありがとうございました。作っていただいた良い家をこれ
から育てていける様にしっかり努力をしていきたいと思います。
 
CASA-BIANCA/2018年竣工/新築

REVIEW-02

家づくりのきっかけは10年程住んでいた、築40年の我が家を建て
直したい!というものでした。元々、南向きの家でしたが、左右
後方と3方向に家が隣接していたため特に1階部分は暗く風が抜け
にくい構造でした。そのため明るく、風通しの良い、家の中にい
ても外(空)を感じることのできる家が希望でした。いくつかのハ
ウスメーカーにも相談したものの良い提案はしてもらえず。困っ
ていたときに北野さんのHPをみつけました。
北野さんの笑顔の写真と北野さんの設計された家々の優しい色や
空気感が好きでダメ元で相談に行きました。北野さんは私たちの
色々な無理難題を丁寧に真剣に聞きその上で「やりましょう!」
と言ってくれました。設計だけでなく建築中もこまめに見に来て
いただき最後まで安心してお願いすることが出来ました。出来た
家は家族の希望通り、明るくて、風が気持ちよく通り、家の中か
ら空や星や月まで見える家になりました(^ ^)
ありがとうございました。


浅香の家/2017年竣工/新築

REVIEW-01

世帯住宅を建てるにあたり、二世帯ともに北野先生の作品に惹か
れました。

モダンで上品で美しいデザイン、独自の厳しい基準で構造計算な
さっていることや、温かく話しやすいお人柄も魅力的でした。

先生はこちらの希望を真摯に聞いて下さると同時に色々なアドバ
イスもして下さりました。先生にデザインして頂いた建具は光の
透かし具合も丁度良く、温かみのある雰囲気に包まれています。
間取りもプライバシーが保たれており、二世帯ともに快適に過ご
させて頂いております。

素敵な新居になり、先生には心から感謝しております。

難波宮の家/2017年竣工/新築




HOME