黄色い屋根の家

2000年 2004年 2008年
和歌山県和歌山市


築20年近い鉄筋コンクリート壁式構造2階建ての住宅を、初めてリノベーションしたのが
2000年。以降2004年、2008年とエリアを変えて『住みながらのリノベーション』をした8年
越しの改造の事例です。第一期は浴室・洗面脱衣室・トイレ、第二期はリビングルーム、
ダイニングルーム、そしてキッチンを改造しました。そして第三期は玄関ホール、書斎、
サンルーム、門扉を含んだ外部アプローチ、という改造内容でした。『住みながら』という
のは経費が掛かりますが、一気にやるよりは前回の改造の、補正を加えることが出来る
という意味で理想に近いリノベーションを生む可能性が拡がります。内容的にはエグゼク
ティブな設計とは、を問われ続けた内容でしたが、今日の設計手法の大方の素地が此れ
等の一連の仕事を通して生まれた、という意味では記念すべき仕事だったかと思います



撮影/タナカリョウコ

WORKS


TOPPAGE