摂津の家

大阪府摂津市

2018年竣工


延床面積が100坪前後の大型住宅は此れまで、事務所でも数棟の経験が有りましたが、
此の住宅のような150坪の個人住宅、しかも敷地が300坪、という超大型住宅の経験は
初めてでした。既に複数の有力ハウスメーカーのプレゼンテーションを、受けておられまし
たが建築家の案を見たいと、建築イベントに来られたお施主さまから、ご指名頂きました。
最初のヒアリングで建設予定地を訪問した時にご両親が半世紀近く前に建てられた、超高
級数寄屋建築を拝見した時、広大な和風庭園とともに、此れ等を解体撤去して新築するに
は、それなりの動機付けと遥かに凌駕する別種のエグゼクティブ空間を提案せねばならな
いと強く感じました。幸いご縁有って設計監理契約させて頂いた時、京都・リッツカールトン
ホテルを参照にしてほしいと云われ、素材から全面的に見直しして、モダンなラグジュアリ
ーな高品位空間を構想しました。天然石・セラミックタイル・杉無垢材・柿渋和紙・漆和紙と
いう、素材が醸し出す非日常の空間は、根底から造り替えた造園、及び外部空間と共に、
大きな規模に見合った超高級感を存分に演出し得たとお施主様にも大変喜んで頂きました