須磨のリフォーム

2011年竣工
神戸市須磨区




此の仕事の数年前に所有の別の土地に新築住宅を建てる設計コンペに参加、設計監理する
権利は獲得したものの、お子さんが此処の校区の学校には行きたくない、との話になり、急遽
新築計画は頓挫しました。それから数年後、突然このクライアントから直接連絡が有り、母親
が現在住んでいる実家に、家族一同、一緒に住むので二世帯住宅としてのリノベーションの相
談に乗ってほしいと云われ現地訪問。当時は箕面に住んでおられましたが此処から通勤で通う
とのこと。それも大変だなぁと思いつつ、倉庫として使っていた鉄筋コンクリート造の部分を改
造して子世帯とする、という内容で設計に着手。大方図面が出来つつ有った時、突然の計画
中止。それから程無くして再び連絡が有り、今度の案は、木造の離れを母親専用のLDKに改
造(今の母親の寝室に近い)して、主屋は子世帯の住居部分とする、という内容でした。紆余
曲折の結果、結局この案が最終決定案となり落ち着いて漸く図面が描けるようになりました。
母親のLDKにするという建物は築60年くらい、納戸や軽トラック、精米機等の置き場でした。
構造的には上屋の架構は問題なかったのですが、基礎が頼りなかったので新規で造り替え
冬がかなり寒いという事でスラブ蓄熱輻射暖房システムをご提案しました。主屋の方の断熱
仕様については殆ど現状維持でしたので、冬季に於ける主屋と離れの温熱環境の差が著しく
冬にはお孫さんを含め、家族全員が知らない間に此のLDKに集まっているとお伺いしました。
何とも微笑ましい結末を迎えホッと安堵しましたが、温熱環境の大切さを思い知らされました





WORKS


TOPPAGE