京・竹屋町の家

京都市中京区
2007年竣工

築20年の重量鉄骨造3階建ての全面リノベーションです。新築当初から雨漏れをした、
と仰る主たる原因は、木造用のアルミサッシを無理やり鉄骨造の建物に使用したことが
主たる原因でした。1階のキッチン廻りで、異様にゴキブリを見掛ける、という原因は床下
を点検口から覗いた時に、シンクからの排水を受ける汚水桝であるべき箇所に、何と雨
水桝(開放型)が使われていたり、とか初歩的な原因で、新築時から随分ご苦労されてき
た建物でした。そうした基本的な問題点を解決し、床暖房を含めた諸設備は最新の機器
に入れ替え、特に収納スペースが足りなかったので各所に増やし又室内の内装材を一新
しました。玄関ホールについては元々車庫を兼ねていて、もう車には乗らないという事で
玄関も収納力が圧倒的に足りなかったので、ウォークインタイプの玄関収納を付設しまし
た。お施主さんが京都の伝統工芸に携わるご職業だったので、何かそれを象徴するデザ
インが必要と感じ、お施主様のご了解を得てから、此の現場で初めて「天井ルーバー」を
「実験」しました。当時は角材を二段構成で加工するディテール、それを棟梁と監督さん
のお二人でフゥフゥ云いながら仕上げて頂いたのを今でも思い出します。お施主様も大
変喜んで頂き、この現場以降、次から次へとマイナーチェンジを繰り返して事務所の標
準ディテールまで磨き上げ、2014年竣工の【高石の家】で定番ディテールを完成しました


AFTER



BEFORE




WORKS


TOPPAGE