1. 姫路・天満の家 主屋


兵庫県姫路市
2020年3月竣工


築百年・古民家のリノベーションです。構造・断熱・設備という点で新築に近い各種性能を
引き上げるとともに、残した既存部分と新たに付加した新規部分との境目が分かりにくい
ような滑らかな連続性を意識してデザインしました。素材的には出来るだけ、既存部分の
時間の累積した素材感に充分、伍するような重厚感のある素材を慎重に選択し、違和感
の無い共存を許容できる工夫を凝らしました。また間接照明のテクニックを駆使し昼間と
は違った様相を夜間に呈する様、空間を愉しめる余裕を随所に、盛り込みました。適度な
暗がりの中にこそ美しく見える素材の見せ方は正に『陰翳礼賛』の美意識を参照しました