VILLA ROKKO


2012年竣工
兵庫県西宮市


大邸宅の大規模リノベーションです。鉄筋コンクリート造・地上3階建て・地下1階・延
床面積130坪・築7年目での改装計画でした。2004年に竣工した【鋼鉄の厩舎】の
クライアント、2度目のご依頼でした。前のオーナーさんが僅か2年で売りに出し、そ
れをクライアントが中古住宅として購入、専門家の意見を聴かせてもらいたい、との
ことでご連絡を頂きました。最初は水廻り改装のご相談でしたが、建物全体を拝見さ
せて頂いているうち色々異変に気付き、フローリングが何らかの原因で、部分的に上
下に湾曲していたり、地下室で異様な湿気とカビ臭かったり、コンクリート打放し面に
カビが生えている等、長年買い手が付かず、密閉されていた以上の、諸々の問題点
が散見され、数多くの施工不良も気になる点でした。床下を部分撤去すると、バルコ
ニーからの繰り返しの漏水で、床下に黒カビが、大量に繁殖していたこと、地下室が
大雨の降るたびに漏水していました。設計の不備と施工不良が主たる原因でした。
そこで全体を丸ごとリノベーションすることをクライアントが決断、外構も新築時は可
愛かったであろう竹林が、隣地に大迷惑を掛けるくらい繁殖、結局全てを撤去、外
構植栽計画を新規にやり替えました。外壁の打放し面は恐らく、新築時の施工不良
で補修した箇所の汚れが特に酷く、特殊なリカバリー化粧技術で、新築時の綺麗な
コンクリート打放し仕上げを再現、更に光触媒技術で汚れにくい表面処理もしました


撮影 森本大助/フォト・オフィス・ジュエ

WORKS



TOPPAGE