屋形町の家


2007年竣工
和歌山県和歌山市


旧和歌山城郭内に近い約90坪の敷地、実は小生の実家の直ぐ近くの方でしたが全く面識が
有りませんでした。出会いには以下の不思議な偶然の力が働き設計監理契約に至りました。
先ず、先々代が普請した、元々和歌山県海南市内に在った住宅。昭和南海地震(1946年)の
際、津波を受け曳家して今の敷地に据えたとの事。そこで生まれ育ったお施主さんが老朽化
を理由に建て替えする際、当初はハウスメーカー巡りをしていたらしいけれど、なかなか得心
できず、今度は設計事務所を探そうとするも全く接点が無かったとのこと。桐蔭高等学校同窓
会の当時の年度の名簿に、たまたま事務所広告を出していて、それを偶然見付けたお施主さ
んが、事務所ホームページを調べ、プロフィールのページに掲載していた事務所の入って居る
ビルの写真を見た時、何処かで見たことが有る風景だなぁと思われ、翌朝いつもの通勤で大
阪・天王寺に出て、いつものバス停でバスを待っている時、目の前にあるビルをふと見て、あ
っ、と思い出しそのとき運命を感じた、と仰られるのです。そう、通勤で毎朝見ていたビルに
弊事務所が入っていたのです。学部こそ違いますが同じ大学、実家も近いので幼稚園、小学
校が同じ、という事でご縁を感じて頂いた、とのことでした。世間は広いようで誠に狭いです。
母上様から当時お住まいの曳家した住まいの履歴を教えて貰い、折角なので旧家屋にあった
建具を幾つか再利用したり立派な構造梁も子供室に再利用したりと記憶を刻印しました。また
大きな吹抜のあるインテリアも全体的に落ち着いた和モダンのテイストを意識して纏めました



WORKS



TOPPEGE